お問い合わせください 052-753-3586

在宅訪問:リハビリ・鍼灸・マッサージのご案内(医療保険が使えます)

患者様のお身体の状態に合わせたリハビリ、マッサージ、鍼灸施術を行っております。
~できるADLからしているADLへ~

当院の訪問リハビリ・鍼灸・マッサージはマッサージのみを行うだけでなく、現在患者様の身体構造・心身機能状態を分析・把握し、できるだけ自宅で自立した生活を営む事が出来るように、ADLの向上・維持していく為のメニューを組み立て、医療・介護・福祉の関係者の方々との連携を高め訪問させて頂いております
下記の症状や状態でお悩み・ご要望等ございましたらお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

▼クリックして下さい

1.歩くとふらつく・不安定・怖い、転倒する、ベッドから起き上がれない、立ち上がれないなど
当院のリハビリメニュー

*寝返り訓練

背臥位(仰向け)から側臥位(横向き)へ寝返り動作が出来るように訓練します。
各関節を柔らかくし、主に腹筋の筋力上げる訓練を行ないます。
オムツ交換、更衣介助などご家族の介護負担の軽減、褥瘡、関節拘縮予防を目的とします。

*起き上がり訓練

側臥位(横向き)から座位が出来るように訓練します。
体の柔軟性を高め、腹筋・腕の筋力を上げる訓練を行ないます。
座位をとることにより循環器の安定・筋力の向上を目的とします。

*座位保持訓練・バランス訓練

背もたれ・肘かけ・自分の支え無しで座れる。
座ったまま横の移動ができるように訓練を行ないます。
座位上でのバランス訓練を中心に食事・整容・更衣などの自立を目的とします。

*立ち上がり訓練

座位から立ち上がりへの動作訓練を行ないます。
立ち上がり動作が獲得出来れば次に立位でのバランス訓練を行います。通常、人は立っている時も無意識に左右前後にバランスを取りながらまっすぐ立っています。少しでも長い時間立つ為には重力に抵抗して立つことが重要です。左右・前後にバランスをとりながら少しでも真っすぐに立つ訓練を行ないバランス感覚の向上を目標に訓練を行ないます。車椅子への移乗、歩行へつなげる為の準備をします。

*歩行訓練 ~できるトイレ動作からしているトイレ動作へ~

屋内での安定した正しい杖歩行を目標とします。
正しい歩行は転倒予防につながります。
主にトイレへの移動・トイレ動作の獲得を目標とし、まずは介助から始まり、見守りそして見守りなしで出来る訓練を目標に行います。

2.首・肩・腰・膝や各関節の痛み、関節がかたい。手足のむくみ、冷え
  便秘や下痢。精神的不安定(イライラ、不眠、無気力)など
マッサージの効果について

*筋肉・関節・皮膚への作用

筋肉が硬い(筋緊張・拘縮)・痛い、こった感じがする。筋肉の疲労感 関節が固い・痛いなど

*脳・神経系への作用

イライラ・不安感・無気力など精神症状、筋麻痺(痙性、弛緩性麻痺)、筋けいれん神経痛

*血管リンパ管への作用

浮腫・冷えなど血流の流れが良くない

*消化器への作用

便秘・食欲不振・消化不良

*呼吸器への作用

加齢による呼吸器機能の低下。呼吸器疾患

3.精神的疲労・不安定・めまい・イライラ・不眠・冷え・などを改善したい
  頭痛、肩、腰、膝などの痛み、しびれなどを改善したい
はり・きゅうの効果について

痛みや、しびれ、疲労感のある場所に対して鍼で刺激する事により、体内の反射作用により、筋の過緊張(硬いこり)の緩和や血管を拡張する作用を持っています。
結果、血液の循環が改善され、痛みや疲労の原因となる物質を老廃物として、排出します。
また、ツボを鍼(はり)で刺激する事で、自律神経系の調節、改善、免疫系(自然治癒力)を強化・体質の改善が期待できます。

■鎮痛効果  ■筋緊張(コリ)・麻痺点しびれ緩和
■血行促進  ■自律神経系の調整、改善=体質改善

4.介護保険サービス限度枠や費用の負担を軽減したい、訪問リハビリの日数を増やしたい
訪問リハビリ(介護保険)と訪問リハビリマッサージ(医療保険)の連携

介護保険を使用して訪問リハビリをご利用中のご利用者様の中で、リハビリ日数の拡大やサービス限度枠・費用の軽減などをご検討中のケアマネージャー様やご利用者様などお見えでしたら、理学療法士の先生と連携を取らさせて頂く事で、リハビリ内容の追加や補足分の指示を頂き、現在の訪問リハビリの内容を医療保険の訪問リハビリマッサージで補足させて頂く事も可能です。

5.関節の拘縮予防、改善したい。姿勢が悪い。
拘縮予防ポジショニングについて

筋肉・関節の拘縮・痙性が進まないようマッサージやその他徒手療法などを用いて、他動運動・自動運動などを行います。

自宅内では寝ている・座っている時間が長いと思います。身体に負担のかからない正しい姿勢は筋肉の緊張を和らげ姿勢の安定性の改善と不良姿勢予防につながります。当院では枕やクッションなどを用いて、正しいクッションをいれる場所や体に負担のかからない車椅子姿勢などをご家族様ご本人様にご説明・ご理解して頂き、姿勢の自己管理、ご家族の援助(管理)を行うことで24時間の正しい姿勢管理を目指します。

良肢位ポジショニング・不良肢位ポジショニング

6.ご家族の方のお身体の疲労・痛み・介護疲れを改善したい。楽な介助法を知りたい。

当院ではご家族様の施術も自費・保険問わず承っております。また、疲れない介護法や自宅でできるリハビリ・運動法・拘縮予防ポジショニング・ベットとその周辺などの環境調整などをご提案させて頂き、介護負担をサポートさせて頂きます。

訪問マッサージ 対象者
・寝たきりで関節拘縮がある方
・関節拘縮・筋麻痺などにより歩行困難な方
・体に不自由があり、通院が困難な方
・安静を必要とするやむを得ない理由により通院して
 治療を受ける事が困難な方。

訪問鍼灸 対象者
以下の症状をお持ちの方で、歩行困難で自力で通院が困難な方。
・腰の痛み(腰痛症)
・肩の痛み(五十肩)
・首、肩の痛みや手のしびれ(腕症候群・頸椎ねんざ後遺症)
・その他のしびれ(神経痛)
・リウマチ

※上記以外の症状でも痛みやしびれなどの症状をお持ちであれば、
 お気軽にご相談ください

訪問鍼灸・マッサージ概要

施術回数について 週2〜3回の方が多いです
施術曜日 月~金曜日
1回の施術時間 30分~40分程度
訪問範囲 名古屋市全域、長久手市、日進市、西春日井市、小牧市

料金(マッサージ・鍼・灸 保険治療)
1回の訪問につき自己負担金
1割負担の方で300円~500円前後(マッサージ・鍼・灸)

  • お持ちの保険証の負担割合に準じて自己負担となります
  • 福祉医療費受給者証や障害者医療受給者証をお持ちであれば、自己負担金はかかりません
  • 往療費(交通費)は保険の範囲に含まれておりますので、別途請求はかかりません
  • 介護保険ケアサービスをご利用されてみえる方も、ケアプランに影響を与えず、併用して受けることができます
  • 詳細についてはお尋ね下さい
    電話 052-753-3586

※さらに詳しく知りたい方へ資料をご用意しておりますので、お問い合わせ下さい
E-mail : info@hari-nezumi.net